チェーン店(直営店)とフランチャイズ店の違い / 買取店だとどちらの方が高額買取してもらえるのか

チェーン店(直営店)とフランチャイズ店の違いが、よくわからないという方も多いと思いますが、では、その違いとは何でしょうか?

買取店でブランド品などを売却する場合は、チェーン店(直営店)とフランチャイズ店、どちらの方が高く買いとってくれるのか?

知っておくと得する違いを解説!

フランチャイズ店とは?

フランチャイズ店とは、独立事業者などと契約を結び、自社が開発した事業の商標をはじめ、経営のノウハウなどの権利を与え加盟店として事業が行える代わりに、一定のロイヤリティを支払ってもらうと言う事業形態のことを言います。

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズ店の母体であるメリットは、他業者の資本で経営を行うため独立事業者との契約数が多ければ多い程、事業展開の拡大が出来、また、独立業者の経営などの取り組みが良ければ、知名度も上がり事業成功率が高まります。反面デメリットについては、利益は、一定のロイヤリティのみであり、逆に独立業者の経営方針などがあまり良くなければ、イメージダウンに繋がる可能性もあるということです。

チェーン店(直営店)とは

一方、チェーン店(直営店)とは、経営方針・サービス内容などが統一され、同一経営で設置される複数の店舗事業の形態を言います。
簡単に言えば、フランチャイズ店は他事業者の資本を利用するのに対し、チェーン店(直営店)は、自らの資本で展開していきます。

チェーン店(直営店)のメリット・デメリット

チェーン店のメリットは、店舗の収益はすべて自社の収益になりますし、経営などの取り組みの指導や改善も徹底出来ます。反面デメリットについては、資金面を調達出来なければ、事業展開は、困難でもあり、出来ても時間が掛かるものでもあります。
フランチャイズ店は、経営の取り組みが独自の工夫で出来る反面、チェーン店の場合は、決められた経営方針に従って経営を任されるものです。

買取店にブランド品を売るときはチェーン店(直営店)がおすすめ

先程も説明した通り、フランチャイズはロイヤリティがかかり、チェーン店はロイヤリティが発生しない等のコスト削減が出来ている為、買取する際もフランチャイズより高い買取をしてもらえます。

買取&販売店「かいとる」は
全店舗直営店

買取&販売店「かいとる」が高く買い取れる理由

POINT1:全店舗直営店なのでフランチャイズのようなロイヤルティーなどの無駄なコストが掛からない為、高価買取することが出来ます。

POINT2:口コミメインで運営しているので、本来広告にかける予算を買取予算に回すことで、高価買取を実現しています。高く買う、それが一番の広告としています。

POINT3:海外を含めた独自の流通ルートが多数あり、買取した商品を高く売ることができる為、高価買取する事が出来ます。

POINT4:買取した商品のメンテナンスを自社で行うことで、業者依頼する費用をカットする為、高価買取出来ます。

是非高く売りたい方はかいとるをご利用下さい。

買取&販売店「かいとる」は
全店舗直営店だから高価買取を売りにしています

北綾瀬駅前店

東京都足立区谷中2-7-5
COCOSPACE北綾瀬2階 
東京メトロ千代田線北綾瀬駅より徒歩1分
℡03-5856-2638 
定休日:毎週火曜日
営業時間:10:00~20:00

西新井駅前店

東京都足立区西新井栄町2-3-13 
中里ビル1階
東武伊勢崎線 西新井駅西口より徒歩1分
℡03-5888-6941 
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00~20:00

かいとる公式ホームページはこちら