本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

IWCを売るなら

「かいとる」

高価買取実施中

IWC買取ならかいとるがおすすめ!ただいま買取価格強化中です!

IWC買取ならかいとるへお任せください。スイスの時計マニュファクチュールであるIWC (International Watch Company)は、1868年の創業以来卓越した技術力・デザイン・芸術性と、あらゆる方面から高い評価を受け続け、世界の高級腕時計のトップブランドとしてその地位を確立させました。ポルトギーゼ、アクアタイマー、インヂュニア、パイロットウォッチ等のラインナップがありIWCは繊細なデザインでファンを魅了します。かいとるは大好評のIWC時計を更に買取強化中。IWC買取業界最大級のメリットを活かした高価買取でお客様にご満足いただいています。メールやLINEでの買取査定にも対応しております。「IWCを買い替えたい。」「新しい時計を購入する資金の足しにしたい。」等のご要望あるお客様は是非、IWC買取のかいとるをご利用ください。

IWC ポルトギーゼ・アクアタイマー・ヨットクラブ・インジュニアなど人気シリーズの最新買取相場を追求!

経験とノウハウが凝縮されたトップクラスの査定力 かいとるでは これまでの実績や経験を活かして 査定スタッフの鑑定能力を養う社内テストや お客様に対して誠実で安定したサービスが ご提供できるような研修、教育体制が整備されています。 このため、ブランド時計の真贋や状態などを しっかりと鑑定することができ、 お客様のご納得の価格でお買取が可能となっております。

圧倒的な市場調査と多種多様な売却ルート 日々入念な調査、研究を行い、 常に最新の市場動向・買取相場の情報を保持しています。 しっかりと市場の状況を的確に見定めた上で、 国内・海外など業界最大級の流通ネットワークを活かした 売却ルートを使用するため、安定感と高水準を両立させた 買取価格を実現しています。

壊れたIWCも査定無料でお買取可能 かいとるでは 壊れている時計でも1点から査定可能です。 査定はもちろん無料で行ないます。 目立つキズやガラスが割れてしまった時計、 電池切れや故障で動かない時計、 変色や文字盤にシミや裏盤に錆がある、 動作不良、ベルトがボロボロになっていたり、 ブレス、リューズなどの部品が無い時計など、 どんなものでも査定可能です。 売れるかどうか不安でしたら まずはお気軽にお問い合わせください。

IWC買取ランキング

スピットファイアクロノ

パイロットウォッチのスピットファイアコレクションにステンレススチールや18金レッドゴールドが施され、キャリバー89365が搭載されるこのモデルは、エレガントさが融合され高い人気を誇ります。フェイスに気品がデコレーションされた仕上げはドレスシーンにも対応可能です。

ポートフィノ

1970年代終盤に始まった「ポートフィノ」コレクションは、洗練されたセンスの良さから現在に至るまで長きにわたって愛され続けています。信頼性の高い機械式自動巻きムーブメントは正確に時を刻み続け、そのシンプルに徹したデザインはIWCの象徴とも言われています。

アクアタイマー

ダイバーズコレクションを代表するアクアタイマーは水中での使用を前提として製造され、深海でも容易に時刻を判断できる特殊な夜行性塗料が使用されています。水中だけではなく、地上探検や華やかなイベント、日常生活からビジネスまで幅広く着用されている万能モデルです。

IWC買取可能モデル

シャウハウゼン

ポートフィノ

マーク18

リトルヴィンチ

ホロスコープダイヤル

アクアタイマークロノ

アクアタイマー

インヂュニア

クロノグラフ

ポルトギーゼ

ダヴィンチ

チェック!高く売る為のチェックポイント!

POINT1

購入したときの付属品は
全てお持ちください!

ご購入時の箱・保存袋・ギャランティカード・予備部品などがあると査定額アップ!

POINT2

使わないと思ったら
早めにお持ちください!

ブランド物も皮や金属製。お手入れせずに置いておくと少しずつ劣化していきます。

POINT3

まとめての
お持ち込みがお得です!

他にも使わない物・売りたい物があればまとめてお持ちください!大量持ち込みで査定額アップ!

POINT4

簡単にお手入れして
いただければなおOK‼

カバンの中のホコリや汚れを簡単に拭くだけでグッと綺麗に見えることも!

スイス・シャフハウゼンの時計マニュファクチュールであるIWC(International Watch Company)は、1868年にアメリカ人実業家=フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズによって創業されました。ジョーンズは合理的な生産体制の『アメリカ式製造システム』と『スイスの伝統的な職人技術』を組み合わせることで、質の高い時計を大量に生産できると考えました。アメリカ市場に向けて高品質のポケットウォッチを製造するのが彼の狙いで、経営権がヨハネス・ラウシェンバッハ・シェンクにわたってからは、シャフハウゼンの工房にて世界初となるポケットウォッチ(パルウェーバー・システム)を誕生させるという技術革新に成功します。ラウシェンバッハが亡くなり、経営権がエルンスト・ヤコブ・ホムバーガーに移ってからは一気に技術革新が進み、離陸時刻を記録するための矢印のマーカーが付いた回転ベゼルを備えた、IWC初の「スペシャル・パイロット・ウォッチ」が発表されました。次いで、ポケットウォッチのムーブメントを使った高精度の大型腕時計、「ポルトギーゼ」が誕生します。年代順に記せば、1930年代の「ポルトギーゼ」「パイロットウォッチ」、1950年代の「インヂュニア」、1960年代の「アクアタイマー」「ダ・ヴィンチ」、1980年代の「ポートフィノ」とこれまで6つのモデルが展開され、現代にも同じ名を関したモデルがそれぞれ存在します。人気シリーズを発表し続けることが出来ている背景には、IWC独自の一貫生産という生産体制が理由として挙げられます。IWCでは、チタニウムからゴールドに至るまで一貫生産されている為、時代のニーズやユーザーの要望に応えたシリーズを次々と発表することができ、更には機械式時計のウィークポイントに対する対応、改善に素早く着手することが出来ています。日本国内でもIWCの高級腕時計は根強いファンを多く作り、文字盤の社名表示が現在の「IWC」ではなく、筆記体の「International Watch Company」時代のものを好む通な方も少なくありません。かいとるはIWC買取を強化致しております。多く持ち込まれるモデルはポルトギーゼ、アクアタイマー、インヂュニア、パイロットウォッチ等になります。状態が良い物はもちろんですが、風防が割れているものやベルトが壊れているもの、動かないものなど状態に難がある商品でも積極的に買取しておりますので是非お気軽にお持ち下さい。

IWCの歴史 1868年、スイス・チューリッヒの北、ドイツと国境を接する街、シャフハウゼンにインターナショナル・ウォッチ・カンパニー(IWC)が創設されました。英語でつけられた社名の響きはジュネーブを中心にスイスのフランス語圏に点在する多くの時計メーカーとは趣を異にし、さらに地域的にもそれらのメー力ーとは隔離された場所でした。なぜこの地にインターショナル・ウォッチ・カンパニーが設立され、今日までの140年以上の時を刻み続けているのでしょうか。IWCを語るとき、アメリ力の時計産業について触れなくてはなりません。1860年代後期、南北戦争が終わったアメリ力には東部を中心に時計産業が花開いていました。ウォルサム、ハミルトン、エルジンなど多くの時計メー力ーが最盛期を迎えたのがこの時代になります。また小規模の時計メー力ーが作られては倒産し、新たな資本が投下され再関するという過当競争の時代でもあります。ヘンリー・フォードは13歳のときに時計修理を始め、やがては年産60万本の時計工場を設立することを夢みたといいます。しかし時計メー力ーが乱立する状況のなかでは成功の可能性は少ないと判断して断念し、自動車産業へと転じたという逸話も残っています。当時、アメリカの時計産業には製造方式において、スイスと大きな違いがありました。それは機械によって互換性のある部品を作り、組み立てるという大量生産方式です。このアメリカン・システムと呼ばれる方式は18世紀の終わりに政府から大量の銃製造を依頼されたエリ・ホイットニーが考案した方式でした。均一した品質を維持でき、大量に製造可能で、さらに修理も容易なアメリカン・システムは時計分野でクロック製造に取り入れられました。微小部品が多い懐中時計製造に応用するには時問はかかったものの、19世紀終わリには、アメリ力は高精度時計の大量生産方式を確立したのでした。しかし高品質の時計が生産される一方で、スイスの高級メー力ーの安価な偽物製造も行われていました。また南北戦争後、新たに時計メー力ーを創設しても、労働力不足に直面しなくてはなりませんでした。アメリ力市場に向けて高品質の時計を作リたいという夢を抱いたボストン出身の優秀な時計師、フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズがスイスに可能性を求めてアメリ力を旅立ったのも人材不足が大きな理由でした。ところで彼もまた、20歳のときマサチューセッツ州の歩兵部隊に志願し、南北戦争で戦いを経験しています。戦争が終わり、彼はアメリ力ン・ドリームの実現、すなわち時計メー力ー「インターナショナル・ウォッチ・カンパニー」創設の夢をかけてスイスへと向かいました。スイスにたどり着いたジョーンズが最初にジュネーブから北に広がる時計製造の中心地域を訪れたとしても不思議はありません。しかし彼は招かれざる客でした。熟練した時計職人たちは異邦人の壮大な計画には耳を傾けることもしませんでした。意気消沈したジョーンズでしたが、ひとりの男との出会いが希望をもたらしました。シャフハウゼンの起業家、ヨハン・ハインリッヒ・モーザーです。モーザーはシャフハウゼンを流れるライン川を利用した水力発電機を開発した人物でした。ジョーンズは水力発電によるエネルギーを使う時計製造工場を建設することを決め、シャフハウゼンのライン河畔にインターナショナル・ウォッチ・力ンパニーを創設したのでした。起業家である一方で優秀な時計技師であったジョーンズの名は、今日まで「ジョーンズ・キャリバー」として残っています。これは彼が最初にIWCで製作した懐中時計に収められたムーブメントのことです。4分の3スケールの地板に、バイメタル補正テンプやブレゲひげゼンマイ、長い緩急針を特徴とする緩急調節装置などを備えた高精度ムーブメントでした。今日でもIWCではジョーンズ・キャリバーの修理に必要な部品を保管しています。1879年、インターナショナル・ウォッチ・カンパニーはスイス資本に移管されました。しかし高品質時計をアメリ力的な合理的生産方式で製造するという方針は変わることなく貫かれました。1903年には、「プローブス・スカフージア」、すなわちシャフハウゼンの優秀な、そして徹底したクラフトマンシップを社是としました。ところで時計製造地域とは隔離されたシャフハウゼンですが、1583年に時計職人ギルドが作られています。フランスのストラスブルグ大聖堂の天文時計を製作した時計職人たちもこのギルドの出身でした。中世に活躍した職人たちの魂が300年を経てひとつの時計メー力ーによって再び蘇ったのでした。19世紀後期から20世紀にかけてジョーンズ・キャリバー、パルウェバー方式によるデジタル表示ムーブメントなど、完成度の高い懐中時計を市場へ提供しています。また小型の懐中時計ムーブメントを利用していち早く腕時計を開発したことは注目に値します。そしてIWCの時計製造の技術力と高い品質を裏づけるのが1930年代に始まる軍用時計でした。マークIX(1935年)、ビッグ・パイロット・ウォッチ(40年)、マークX(45年)、マークXI(48年)と続くイギリス軍用あるいはドイツ軍用の時計は、高精度ムーブメントと頑強な外装を必要としました。そのための技術開発がIWCに発展をもたらしてきたことは否めません。今日、パイロット・ウォッチに採用される軟鉄製インナーケースを使った耐磁ケースもビッグ・パイロット・ウォッチのために開発されたものでした。軍用時計に次いで発展を導いたのが1978年から、98年まで続くポルシェ・デザインとの共同開発でした。80年に世界で初めてチタン・ケースのクロノグラフを発表しましたが、このとき独自にチタンの外装加工技術を開発し、IWCの時計製造に新たな側面を加えたのでした。82年にはチタン・ケースの2000m防水のダイバーズ・ウォッチ「オーシャン2000」を世に送り出しています。ところで近年のIWCを語るとき、忘れてはならない存在が永久カレンダー・クロノグラフ「ダ・ヴィンチ」です。クォーツ時計が市場を席捲した機械式時計受難の時代にあった1985年、リュウズのみで操作が可能で、4桁の西暦表示を備え、2499年までの永久力レンダー機能を備えた機械式時計の登場は、時計の世界に大きな衝撃を与えました。これはその後のスイスの機械式時計復活のひとつの起動力であったことは多くが認めるところだと思われます。既存ムーブメントに自社開発モジュールを付加することで完成されたダ・ヴィンチは、今日のIWCが開発の基本とする方式でもあります。「時計製造のエンジニア」としてモジュール開発に力を注ぐが、ダ・ヴィンチを契機にこれが確立されました。IWCは創業時の特異性を受け継ぎ、独自の道を歩んでいます。それは製品をみたとき他とは一線を画す特徴として明らかです。

IWCの歴史年表

1868年… アメリカ・ボストン出身のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズがシャフハウゼンにインターナショナル・ウォッチ・カンパニーを創設。懐中時計のムーブメント製造を開始する。
1885年… パルウェバーの特許に基づき初のデジタル表示式懐中時計を製造。
1893年… キャリバー52を開発。
1898年… 小型懐中時計用ムーブメントの腕時計への搭載を始める。
1903年… プローブス・スカフージア(シャフハウゼンの優秀な、そして徹底したクラフトマンシップ)をモットーとする。
1927年… 薄型ムーブメント、キャリバー95H3を開発。
1930年… 97H4キャリバーを開発。
1935年… パイロット・ウォッチとして開発され、回転ベゼルを備えた「マークIX」を発表。
1938年… ポルトガル市場の需要に応えて、「ポルトギーゼ」を製造。
1940年… 懐中時計用のムーブメント、キャリバー52S.C.を搭載した大型パイロット・ウォッチを開発。軟鉄製インナーケースを使った初の耐磁設計を採用する。
1944年… スモールセコンド付きのキャリバー83を搭載した「マークX」を開発。
1948年… センターセコンド・タイプの「マークXI」を発表。
1955年… 軟鉄製インナーケースを採用した耐磁設計による自動巻き腕時計「インヂュニア」の製造を開始。ムーブメントは日付表示付き自動巻き、キャリバー8521を搭載する。
1969年… スイスの複数のメーカーと共同 で、クォーツ・ムーブメント、べータ21を開発し、クォーツ腕時計を発表。
1976年… 「インヂュニアSL」を発表。
1978年… インダストリアル・デザイナー、F.A.ポルシェとの共同開発「ポルシェ・デザインby IWC」をスタ ート。初のコンパスウォッチを開発する。
1978年… F.A.ポルシェのデザイン、IWC製作によリ、世界ではじめて時計ケースにチタンを採用したクロノグラフを発表。
1982年… F.A.ポルシェがデザインしたチタ ン・ケースの2000m防水ダイバーズ・ウォッチ「オーシャン2000」 を発表。
1985年… 永久カレンダー・クロノグラフ 「ダ・ヴィンチ」を発表し、特許を取得する。
1986年… ハイテク・セラミックス(酸化ジルコニウム)をケースに使用した「ダ・ヴィンチ」を発表。
1987年… 自動巻きの永久カレンダー機能付きレクタンギュラー腕時計「ノヴェチェント」を発表。
1988年… 積算表示機能付きのセミ・メカニクル・クロノグラフ・ムーブメント、キャリバー631を搭載した「フリーガー・クロノグラフ」を発表。
1989年… 腕時計「インヂュニア500,000 A/m」 の耐磁実験を行い、核スピン断層写真で370万A/mの磁場に耐えることを証明。
1990年… 7年の開発期問を経自動巻きキャリバー79091を搭載した「グランドコンプリケーション」を完成。 クロノグラフ、ミニッツリピーター、永久カレンダー、 ムーンフェイズを備える。
1991年… 「インヂュニア・アラーム・クロノグラフ」、「チタニウム・コ ンパス・ウォッチ」をバーゼル・フェアで発表。ハウスマガジン 「ウォッチ・インターナショナル」誌創刊。
1992年… スチール・ケースのスプリットセコンド・クロノグラフ「ドッペル・クロノグラフ」を発表。手巻きキャリバー18680を搭載したグランドコンプリケーション・ウォッチ「イル・デストリエロ・スカフージア」を開発。ミニッツリピーター、チタン製ケージのトゥールビヨン、永久カレンダー、ムーンフェイズ、スプリットセコンド・クロノグラフを備える。翌年の創業125周年を記念して125本を限定製造。
1993年… 創業125周年を迎える。懐中時計ムーブメント、キャリバー9828を搭載した「ポルトギーゼ」を限定製造(ステンレススチール1000本、ゴールド500本、プラチナ250 本)する。
1994年… 自動巻き、日付表示付きのパイロット・ウォッチ「マークXII」、自動巻きクロノグラフ「メカニカル・フリーガー・クロノグラフ」を発表。厚さ5.95mmの超薄型永久カレンダー腕時計「ロマーナ」を発表。
1995年… 永久カレンダー・スプリットセコンド・クロノグラフ「ダ・ヴィンチ・ラトラパント」、「ポル トギーゼ・ミニッツリピーター」、手巻きスプリットセコンド・クロノグラフ「ポルトギーゼ・クロノ・ラトラパント」、女性用自動巻き「マークXIIフォー レディース」を発表。
1996年… 自動巻きの「ポルトギーゼ オートマティック」、「ノヴェチェント・オートマティック」を発表。
1997年… 新しいスポーツ・ウォッチのライン「GST」を発表。また「ダ・ヴィンチSL」のラインを発表。
1998年… 2000m防水の「GSTアクアタイマー」と自動巻きアラーム・ウォッチ「GSTオートマチィック・アラーム」を発表。新方式の第2時間帯表示を備えたパイロッ ト・ウォッチ「フリーガーUTC」を発表。 本社内に設けられている時計学校の30周年を祝う。
1999年… バーゼル・フェアで潜水経過時間と水深の2つの表示を備えた「GSTディープワン」を発表。パイロット・ウォッチ「マーク XV」を発表。 「ダ・ヴィンチ・トウールビョ ン」を限定販売する。
2000年… IWCが特許を所有するペラトン・システムを発展させた巻き上げ機構を備える、7日間パワーリザーブの自動巻きムーブメント、キャリバー5000を開発。同ムーブメントを搭載した「ボルトギーゼ・オートマティック2000)を発表。ユンカースJU52による世界一周飛行を企画。チューリヒから中東、東南アジアを経由し日本に到着。ロシア領空内の飛行が許可されず、スイスに戻る。 ジャガー・ルクルト、ランゲ・アンド・ゾーネとともにリシュモン・グループの傘下に入る。
2001年… 「GSTクロノ・ラトラパント」と 「GSTパーペチュアル・カレンダー」を発表。
2002年… キャリバー5000の発展形であるキャリバー5011を搭載した「ビッグ・パイロット・ウォッチ」を発表。新製品発表の場をバーゼル・アェアからSIHHに移す。
2003年… 新設計の永久カレンダーと、世界で例のない南北両半球のムーンフェイズを同時表示する「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー」を発表。パイロット・ウォッチのシリーズに「スピットファイア」コレクションが加わる
2004年… 新生「アクアタイマー」コレクションを発表。「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール」、「ポルトギーゼ・ミニッツ・リピーター・スケレッタ」、および「ポルトギーゼ・オートマティック」が登場する。
2005年… 10点の新作を発表。「ポルトギーゼ」、「ダ・ヴィンチ」に優れた新モデルが加わり、「インヂュニア」コレクションも誕生50周年目で復活。
2006年… 「ビッグ・パイロット・ウォッチ」や「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ」など、5つのクラシックな「パイロット・ウォッチ」モデルのデザインを一新。
2007年… 「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー“クルト・クラウス”」を発表。その他の新製品として、「ビッグ・インヂュニア」と「スピットファイア・ダブル・クロノグラフ」を発表。
2008年… 創業140周年を記念し、「IWCヴィンテージ・コレクション」の伝説的な6つのモデルの創設者に対してオマージュを捧げる。
2009年… 新世代型「アクアタイマー」を発表。さらに、大型の数字で日付と月をデジタル表示する「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス」も新登場。
2010年… 「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール・レトログラード」に、初めてフライング・トゥールビヨンとレトログラード日付表示が搭載される。
2011年… IWC製キャリバー59210ムーブメントを搭載した「ポートフィノ・ハンドワインド・エイトデイズ」と「インヂュニア・ダブルクロノグラフ・チタ二ウム」が登場。
2012年… IWCから5つの新しい「トップガン」モデルが登場。コックピット計器を模したデザインを誇る「クラシック」コレクションでは、「パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー」が「パイロット・ウォッチ・UTC」の成功を継承する。
2013年… メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™チームとの新たなパートナーシップを記念し、生まれ変わった「インヂュニア」コレクションが登場。
2014年… 新世代「アクアタイマー」が登場。回転式インナーベゼルの利点と回転式アウターリングの使いやすさを兼ね備えた設計に。デジタル表示の永久カレンダー、機械式水深計、そして200気圧という驚異的な防水性を実現し、「アクアタイマー」は高級時計製造技術の頂点へと躍進する。
2015年… 「ポルトギーゼ」コレクション誕生75周年。新設計のキャリバー52000シリーズを「ポルトギーゼ」コレクションに採用する。

今すぐ結果が分かる!簡単査定はこちら

完全無料かいとるなら選べる3つの買取方法

かいとるが高く買取できる理由

全店舗

全店舗
直営店

フランチャイズのようなロイヤリティーなどの無駄なコストが掛からない為、高価買取することが出来ます。

口コミ

口コミ
メインで運営

広告はほとんど行わず、本来広告にかける予算を買取予算に回す事で、高価買取を実現しています。高く買う、それが一番の広告だと思っております。

独自の

独自の
流通ルート

海外を含めた独自の流通ルートが多数あり、買取した商品を高く売ることが出来る為、高価買取する事が出来ます。

メンテナンスを

自社
メンテナンス

買取した商品のメンテナンスを自社で行うことで、業者依頼する費用をカットするため、高価買取が出来ます。

かいとるが選ばれる6つの理由

他社に負けない
高価買取

海外を含めた独自の販売ルートを多数持っており、さらにメンテナンス等も自社で行うことにより、大幅なコスト削減を実現しております。 そのため、他社に負けない高価買取が可能です。

即現金化が
可能

査定もスピーディーに行いますので、お買取成立後、その場で現金でお支払いいたします。

プロの鑑定士が
常時対応

豊富な知識と経験はもちろんのこと、すべてのスタッフが、リユース営業士、生前整理アドバイザーの資格を取得していますので、すべてのお客様に有資格者が対応致します。

全店舗駅近の
好立地

すべての店舗が駅徒歩1分以内と好立地にあるため、通勤や買い物帰りなど用事のついでにご利用いただけます。

豊富な
買取品目

チケット、外貨両替、ブランド品、金、プラチナ、ダイヤモンド、古着、工具、カメラ、電化製品、ゲーム機、スマートフォン、古銭、酒など、豊富なジャンルを買取しています。

スピード
査定

独自の査定システムに加え、スタッフの豊富な知識と経験からスピーディーに査定を行います。

お客様の声

かいとるをご利用いただいたお客様の声

北綾瀬駅前店口コミ

西新井駅前店口コミ

プライバシーの配慮はもちろん
お洒落で落ち着いた空間

お客様をお待ちしております。

店内写真
店内写真
店内写真
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image

PAGE TOP