本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

ブライトリングを売るなら

「かいとる」

高価買取実施中

ブライトリング買取ならかいとるがおすすめ! ただいま買取価格強化中です!

ブライトリング時計買取ならかいとるへお任せください。 ブライトリングは1884年スイスにて創業され、『プロフェッショナルのための計器』をコンセプトにした機械式クロノグラフの最高峰ブランドです。航空時計として大空のロマンを感じるブライトリングの時計は、今では高い認知度と多大な人気を誇っています。ラインナップ数も多くクロノマット、ギャラクティック、ナビタイマー、クロノライナー、トランスオーシャン、モンブリラン、スーパーオーシャン、スーパーオーシャンヘリテージ、アベンジャー、コルト、プロフェッショナル等が当店によく持ち込まれます。かいとるは大好評のブライトリング買取を更に強化。ブライトリング買取業界最大級のメリットを活かした高価時計買取でお客様にご満足いただいています。メールでのブライトリング買取査定やLINEでのブライトリング買取査定など、どちらからのお問い合わせにも対応しております。「ブライトリングを買い替えたい。」「新しい時計を購入する資金の足しにしたい。」等のご要望あるお客様は是非、ブライトリング買取のかいとるをご利用ください。かいとるはブライトリング買取強化中です!ブライトリング以外にも様々なブランド時計をお買取しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ブライトリング ナビタイマー・クロノマット・モンブリラン・ベントレーなど人気シリーズの最新買取相場を追求!

経験とノウハウが凝縮されたトップクラスの査定力 かいとるでは これまでの実績や経験を活かして 査定スタッフの鑑定能力を養う社内テストや お客様に対して誠実で安定したサービスが ご提供できるような研修、教育体制が整備されています。 このため、ブランド時計の真贋や状態などを しっかりと鑑定することができ、 お客様のご納得の価格でお買取が可能となっております。

圧倒的な市場調査と多種多様な売却ルート 日々入念な調査、研究を行い、 常に最新の市場動向・買取相場の情報を保持しています。 しっかりと市場の状況を的確に見定めた上で、 国内・海外など業界最大級の流通ネットワークを活かした 売却ルートを使用するため、安定感と高水準を両立させた 買取価格を実現しています。

壊れたブライトリングも査定無料でお買取可能 かいとるでは 壊れている時計でも1点から査定可能です。 査定はもちろん無料で行ないます。 目立つキズやガラスが割れてしまった時計、 電池切れや故障で動かない時計、 変色や文字盤にシミや裏盤に錆がある、 動作不良、ベルトがボロボロになっていたり、 ブレス、リューズなどの部品が無い時計など、 どんなものでも査定可能です。 売れるかどうか不安でしたら まずはお気軽にお問い合わせください。

ブライトリング買取ランキング

ナビタイマー

初代ナビタイマーは、世界初の航空計算尺付きクロノグラフとして誕生しました。管制塔やレーダーがなかった時代、パイロットはこの計器を腕に、速度や燃費を計算しながら空を飛び続けました。60年の歴史を経て、20世紀を象徴する最高に機能的で時代を超越した、数少ないアイテムの1つになりました。ブライトリングは、この歴史的モデルのスタイリングを崩さずにパフォーマンスのみ進化させていきました。ブライトリング買取の持ち込みに多いアイテムです。

スーパーオーシャン

ダイバーズウォッチの代表シリーズ。世界の海を征服し、常に時代の先端を行く技術仕様を誇っており、500~2000メートルの防水機能を実現しました。フレッシュでスポーティ、独自性にあふれたスーパーオーシャンは、最高の信頼性とパフォーマンスを誇る自動巻きCOSC公認クロノメーター・キャリバーを搭載しており、海、陸、空を問わずユーザーのパートナーになる時計です。ブライトリング買取の持ち込みに多いアイテムです。

クロノマット

自動巻きクロノグラフの代名詞としての地位を確立しているこのクロノマットは、パワフルで独自性あふれるデザインとプロフェッショナルのための計器としてのすべてのパフォーマンスを合わせ持っています。精度、耐久性、視認性、機能性、驚異的な防水性能、そして最高の耐久性と信頼性を実現し、完全自社開発・製造のムーブメントであるキャリバー01を搭載し、抜群の存在感で人々を魅了しています。ブライトリング買取の持ち込みに多いアイテムです。

ブライトリング買取可能モデル

アベンジャー

アベンジャーⅡGMT

アベンジャーブラックバード44

クロノスーパーオーシャン

クロノマット

クロノマット44

クロノマット44エアボーン

クロノマット97年以前

クロノマットエアボーン

クロノマットエボリューション

シャドーフライバック

スーパーオーシャン

スバシオグラフ

スバシオグラフ2

ナビタイマー

ナビタイマーコスモノート

チェック!高く売る為のチェックポイント!

POINT1

購入したときの付属品は
全てお持ちください!

ご購入時の箱・保存袋・ギャランティカード・予備部品などがあると査定額アップ!

POINT2

使わないと思ったら
早めにお持ちください!

ブランド物も皮や金属製。お手入れせずに置いておくと少しずつ劣化していきます。

POINT3

まとめての
お持ち込みがお得です!

他にも使わない物・売りたい物があればまとめてお持ちください!大量持ち込みで査定額アップ!

POINT4

簡単にお手入れして
いただければなおOK‼

カバンの中のホコリや汚れを簡単に拭くだけでグッと綺麗に見えることも!

ブライトリング(BREITLING)はスイスで生まれた高級腕時計メーカーです。1884年に、創業者となる弱冠24歳のレオン・ブライトリング氏が、小さな時計工房を設立したのが始まりでした。あのライト兄弟が、人類で初めて飛行機による有人動力飛行を成功させた19年前のことでした。1世紀を越える長い歴史の中で、コックピットウォッチ、クロノグラフ、ストップウォッチを主力とし、視認性、操作性、耐久性の3つを開発テーマに、ぶれない製造スタイルを貫いてきました。リューズ以外の2つのボタンを使用するクロノグラフも今では一般的ですが、レオン・ブライトリングの孫のウィリー・ブライトリングが開発した際はとても画期的なものでした。1952年に誕生した「ナビタイマー」がブランドの代名詞になっており、官制システムが今ほど発達していなかった当時、パイロットたちはこのナビタイマーで速度や燃費などフライトに必要なあらゆる計算をしながら空を飛びました。ブライトリングのこだわりINSTRUMENTS FOR PROFESSIONALS(プロフェッショナルのための計器)はパイロットを中心とした航空業界のプロに愛され続け、現在腕時計ファンのみならず飛行機ファンからも注目を受け続けています。日本でも有名芸能人やスポーツ選手が愛用していることもあり人気は拡大しています。1999年には全モデルのムーブメントを、スイスの独立機関クロノメーター協会(C.O,S.C)認定のクロノメーター化に踏み切り、その後精密なクロノメーターを生産するファクトリー「ブライトリング・クロノメタリー」を建設しました。ブライトリングのブランドロゴ、エンブレムに描かれているマークには、ブライトリングのB、ブライトリングにふさわしい大きな翼に加えて、錨(いかり)のマークが描かれています。これには空だけなく、海のジャンルでも「プロフェッショナルのための計器」としてダイバーズウォッチの製作を表しています。500~2,000メートルの防水機能を搭載し、驚異的なパフォーマンスと共に洗練された外観を兼ね備え、スーパーオーシャンシリーズはブライトリングダイバーズウォッチの代表となりました。また、1962年に発表されたコスモノートはナビタイマーの宇宙モデルです。宇宙飛行士スコット・カーペンターはコスモノートを腕に地球を3週したのです。その他にも英国の由緒あるプレステージカー、「ベントレー」との出会いから生まれたBREITLING for BENTLEYシリーズでは、洗練されたデザインと高度な技術、英国風の気品とスイス時計製作の伝統、2つの世界から最高の成果を引き出した人気モデルとなりました。多様ながらもどこまでもブレない「INSTRUMENTS FOR PROFESSIONALS」へのこだわり。あらゆるジャンルのプロフェッショナルに選び抜かれたブライトリングは、世界最高峰の腕時計メーカーとして躍進を続けています。ブライトリング買取では状態に難があっても当店ではお買取りが可能ですので、是非一度ブライトリング買取査定をお申し付けください。

ブライトリングの歴史 ブライトリングの物語は1884年、スイス・ジュラ地方の小村サンティミエにレオン・ブライトリングが開いた時計工房から始まりました。ほどなく工房は手狭となり、ラ・ショー・ド・フォンへ移転します。60人もの従業員を擁したが、成功の背景には世界のスピード化に共鳴してレオンが描いた精密計測時計の夢がありました。レオンが工房を設立した2年後の86年、ドイツのカール・ベンツが世界初の3輪ガソリン自動車を発表します。1903年にはライト兄弟が人類初の動力飛行に成功します。時代のスピード化に応じてレオンはクロノグラフの開発を進め、製品は各地の展示会で賞を獲得しました。やがて14年、第一次世界大戦が起こり、兵士に「トレンチ・ウォッチ」が大量供給され、本格的な腕時計時代へ突入しますが、同年8月にレオンは54歳で生涯を終え、事業は息子ガストンへ引き継がれます。同年、ガストンは腕時計サイズの30分積算計搭載クロノグラフを発表します。15年にはリューズとは別にクロノグラフのスタート・ボタンをもつモデルを実現しました。 航空界では27年、リンドバーグが大西洋単独無着陸横断飛行に成功しましたが、同年7月、ガストンが亡くなります。ブライトリングの経営はその息子ウィリーへ引き継がれます。この間もクロノグラフの開発は続き、34年に独立したスタートとリセットのボタンをもつモデルが誕生しました。42年には回転計算尺搭載の「クロノマット」が発表され、航空用クロノグラフの新時代がスタートしました。航空界の発展はスピードを増し、大量輸送時代へ突入します。47年、米軍のイェーガー大尉が史上初の有人超音速飛行に成功します。52年には英国デ・ハビランド社の「DH-106コメット」が世界初のジェット旅客機の営業運行を開始しました。この年、「ナビタイマー」が誕生します。これは高度な航空用回転計算尺と30分・12時間の積算計も備えた本格的航空用クロノグラフでした。 一方で防水性の追求も進み、57年、ブライトリングは200m防水の「スーパーオーシャン」を発売します。防水機能と同時に大戦後の市場を席巻した自動巻きですが、クロノグラフは複雑な構造ゆえ1960年代になっても自動巻き化が実現していませんでした。これに挑戦したのがブライトリングであり、ホイヤーやハミルトンらと共同で69年、世界初の自動巻きクロノグラフ「クロノマチック」を発表し、クロノグラフの近代化を実現しました。1969年、世界初の自動巻きクロノグラフを発表したブライトリングですが、70年代、圧倒的高精度をもつクォーツ時計が急激に普及し、スイスの時計産業は壊滅的な打撃を受けました。ブライトリングも例外ではなく、さらに当主ウィリーの健康状態も悪化し、事業の継続が困難となります。そこで彼は79年4月、経営権を精密機械工学と電子工学の専門家アーネスト・シュナイダーに託しました。アーネストは工房をグレンヘンに移し、機械式と電子式の両分野で新作を開発してプランドを再生する戦略を実行します。 ブライトリング創業100周年の84年には、イタリア空軍のエアロバティックスチーム「フレッチェ・トリコローリ」の公式クロノグラフ選定に応えて開発した新型機械式クロノグラフ「クロノマット」を発表します。翌年には斬新なクォーツ・クロノグラフ「エアロスペース」や原点回帰の代表作「オールド・ナビタイマー」も誕生しました。やがて94年にブライトリングの経営はアーネストの息子セオドア(テディ)・シュナイダーに移ります。テディはブライトリング入社以前、高級時計会社で働いた経験を活かし、製品の高品質化とラインの再構築を指揮します。それを象徴する言葉が「インストゥルメンツ・フォー・プロフェッショナルズ(プロのための計器」でした。これをコンセプトに航空関係の活動を世界的規模で行い、次々に空軍限定モデルを発売します。95年には世界初の国際航空遭難信号発信機搭載の腕時計「エマージェンシー」を発表しました。 そして99年、ブライトリングは前人未踏のふたつの挑戦を実現します。それが熱気球による世界一周無着陸飛行「オービター3」と、全製品をスイス公認の精度検定合格品とする「100%クロノメーター化宣言」です。その実現のため、ブライトリングはグレンヘン本社工場を完全リニューアルします。2002年にはムーブメント工場「プライトリング・クロノメトリー」をラ・ショー・ド・フォンに建設しました。同年12月、ブライトリングは英国の名門自動車メーカー、ベントレーとのパートナーシップを発表し、「ベントレー・コンチネンタルGT」のダッシュボード・クロックを製作します。03年には初の市販モデル「ブライトリング・フォー・ベントレー/ベントレー・モーターズ」が発表されまし。その後、ブライトリングは飛躍を目指し、04年にムーブメント開発を開始します。やがて09年、初の完全自社開発・自社製造ムーブメント「キャリバー01」を発表しました。そして13年、「ブライトリング・ジェットチーム」が、初のアジアツアーを敢行します。日本の空でアクロバット飛行を披露し、航空界とブライトリングのつながりの強さを示しました。

ブライトリングの歴史年表

1860年… 1月26日、創業者レオン・ブライトリング誕生
1884年… レオン・ブライトリングがサンティミエに時計工房を開設
1892年… 工房をラ・ショー・ド・フォンのモンブリラン通りに移転
1901年… ブラジル人飛行家のアルベルト・サントス・デュモンが半硬式飛行船でエッフェル塔の周回飛行に成功
1903年… 12月17日、アメリカのライト兄弟が人類初の動力飛行(固定翼機による)に成功
1909年… フランスのルイ・ブレリオが、自ら製作した「ブレリオXI」でドーバー海峡横断飛行に成功
1914年… 第一次世界大戦において、丸型時計にワイヤー・ラグを装着した「トレンチ・ウォッチ」が兵士用として大量供給された
1914年… レオン・ブライトリング死去。息子のガストン・ブライトリングが後継者となる
1915年… 専用プッシュボタンを備えた腕時計式クロノグラフを開発
1924年… ワンプッシュクロノのリセット機能を分離、独立
1927年… アメリカのチャールズ・リンドバーグが大西洋の単独無着陸横断飛行に成功。ガストン・ブライトリング死去
1932年… ガストン・ブライトリングの息子ウィリー・ブライトリングが後継者となる
1934年… 独立したリセット・ボタンをもつクロノグラフが登場。これにより2つのブッシュボタンを備え、複数の累計時間を測定できる、今日のクロノグラフの形態が完成した
1936年… 英国空軍にコックピットクロックを供給
1940年… 米軍に航空用懐中時計クロノグラフを供給し始める
1942年… 回転計算尺をベゼルに搭載した「クロノマット(初代)」を発表
1947年… アメリカ空軍のチャック・イェーガー大尉がロケット機「ベルX-1」で史上初の有人超音速飛行に成功
1951年… 「日本航空株式会社(JAL)」設立
1952年… 本格的な航空用回転計算尺を搭載する「ナビタイマー」を発売。「全日本空輸株式会社(ANA)」設立
1953年… 民間航空会社ルフターク社が設立(その翌年にルフトハンザと改称)され、世界は高速旅客機による大量輸送時代へと突入
1957年… 200m防水のダイバーズ・ウォッチ「スーパーオーシャン」を発売
1958年… 「トランスオーシャン」を発売
1960年… 第一次のダイバーズ・ウォッチ・ブーム到来。「黒文字盤」、「蓄光インデックス&スケルトン針」、「回転ベゼル」、「ラバー・ストラップ」などの仕様がその後のスポーツ・ウォッチの規範となる
1962年… 米国のマーキュリー計画でオーロラ7号乗組員スコット・カーペンターが「ブライトリング/コスモノート」を着用して地球周回軌道に乗る
1969年… ブライトリング・ホイヤー・ハミルトン・ビューレン連合が世界初の自動巻きクロノグラフ「クロノマチック(キャリバー11)」を発表。アポ口11号による人類初の月面着陸。超音速旅客機コンコルド、世界最大の旅客機(当時)ボーイング747が初飛行を行う。世界初の市販クォーツ腕時計セイコー「アストロン」発売
1973年… ヴァルジューが自動巻きクロノグラフ・ムーブメント「キャリバー7750」を発表する
1978年… ブライトリング・ブランドをアーネスト・シュナイダーに引き継ぐ契約を交わす
1979年… ウィリー・ブライトリング死去
1980年… 第二次ダイバーズ・ウォッチブームが巻き起こる
1983年… 力シオ「Gショック」登場。「スウォッチ」発売
1984年… イタリア空軍のエアロバティックス・チーム「フレッチェ・トリコローリ」の公式時計として開発された自動巻きの機械式クロノグラフ「クロノマット」が登場
1985年… クォーツ・クロノグラフ「エアロスペース」、手巻き式の「オールド・ナビタイマー」発表
1988年… 「エマージェンシー」計画の発表
1992年… 独立時計師フランク・ミュラーが会社を設立、時計ブランドとしてデビュー
1994年… ドイツのA.ランゲ&ゾーネが復活後、初のコレクションを発表。アーネスト・シュナイダーの息子セオドア・シュナイダーがブライトリングCEOに就任
1995年… コンコルドが世界周回飛行の新記録を達成。ニューヨークを飛び発ち、ドバイやバンコク、ホノルルなどを経て、31時間27分でジョン・F・ケネディ国際空港へと帰還。世界初の国際航空遭難信号発信機を搭載する腕時計「エマージェンシー」を発表。日本では2006年より販売が開始される
1996年… 1940~50年代の古典的なデザインを踏襲したクロノグラフ「モンブリラン」を発表
1997年… クロノグラフ・ムーブメント製造会社であるケレックを子会社化
1999年…

「ブライトリング オービター3」が、熱気球による人類初の世界一周無着陸飛行に成功。すべてのモデルの100%クロノメーター化を宣言。スウォッチグループがレマニアとブレゲを買収。フランスのLVMHがゼニス、タグ・ホイヤー、エベル等を買収。時計業界の再編成が進められる

2000年… ジャガー・ルクルト、IWC、A.ランゲ&ゾーネがカルティエを中心とするリシュモングループ傘下となる
2001年… 通常の10倍の精度をもち、COSC公認基準を唯ークリアする「スーパークォーツ(TM)」を開発。RQ-4が、アメリカの工ドワーズ空軍基地からオーストラリアへ、自動操縦による無給油・無着陸飛行を行う。無人機による史上最長の飛行
2002年… 機械式クロノグラフの設計・製造を専門に行う「ブライトリング・クロノメトリー」を設立
2003年… 英国のベントレーとパートナー契約を締結し、「ブライトリング・フォー・ベントレー」シリーズを発表。ベントレー/コンチネンタル・シリーズの内装にブライトリングのアナログ時計が採用される
2009年… 初の完全自社開発・自社製造ムーブメントである「キャリバー01」を発表
2013年… ブライトリング・ジェットチームが初のアジアツアーを敢行。日本でアクロバット飛行を披露した

今すぐ結果が分かる!簡単査定はこちら

完全無料かいとるなら選べる3つの買取方法

かいとるが高く買取できる理由

全店舗

全店舗
直営店

フランチャイズのようなロイヤリティーなどの無駄なコストが掛からない為、高価買取することが出来ます。

口コミ

口コミ
メインで運営

広告はほとんど行わず、本来広告にかける予算を買取予算に回す事で、高価買取を実現しています。高く買う、それが一番の広告だと思っております。

独自の

独自の
流通ルート

海外を含めた独自の流通ルートが多数あり、買取した商品を高く売ることが出来る為、高価買取する事が出来ます。

メンテナンスを

自社
メンテナンス

買取した商品のメンテナンスを自社で行うことで、業者依頼する費用をカットするため、高価買取が出来ます。

かいとるが選ばれる6つの理由

他社に負けない
高価買取

海外を含めた独自の販売ルートを多数持っており、さらにメンテナンス等も自社で行うことにより、大幅なコスト削減を実現しております。 そのため、他社に負けない高価買取が可能です。

即現金化が
可能

査定もスピーディーに行いますので、お買取成立後、その場で現金でお支払いいたします。

プロの鑑定士が
常時対応

豊富な知識と経験はもちろんのこと、すべてのスタッフが、リユース営業士、生前整理アドバイザーの資格を取得していますので、すべてのお客様に有資格者が対応致します。

全店舗駅近の
好立地

すべての店舗が駅徒歩1分以内と好立地にあるため、通勤や買い物帰りなど用事のついでにご利用いただけます。

豊富な
買取品目

チケット、外貨両替、ブランド品、金、プラチナ、ダイヤモンド、古着、工具、カメラ、電化製品、ゲーム機、スマートフォン、古銭、酒など、豊富なジャンルを買取しています。

スピード
査定

独自の査定システムに加え、スタッフの豊富な知識と経験からスピーディーに査定を行います。

お客様の声

かいとるをご利用いただいたお客様の声

北綾瀬駅前店口コミ

西新井駅前店口コミ

プライバシーの配慮はもちろん
お洒落で落ち着いた空間

お客様をお待ちしております。

店内写真
店内写真
店内写真
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image

PAGE TOP