本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

カルティエを売るなら

「かいとる」

高価買取実施中

カルティエ買取ならかいとるがおすすめ! ただいま買取価格強化中です!

カルティエ時計買取ならかいとるへお任せください。 ジュエラーとしての名声もありながら「世界で初めて腕時計を生み出した」メーカーでもあるカルティエは 時計史でも輝かしい栄光を残す名ブランド時計メーカーです。 150年余りの歴史で世界中のセレブリティに愛され続けています。 タンクフランセーズ、タンクアメリカン、パシャ、ロードスター、バロンブルー、サントス、 カリブル ドゥ カルティ、エベニュワール、ラドーニャ、パンテール、トーチュ等 カルティエは繊細なデザインでファンを魅了します。 かいとるは大好評のカルティエ商品を更に買取強化中。 カルティエ時計買取業界最大級のメリットを活かした高価時計買取でお客様にご満足いただいています。 「カルティエを買い替えたい。」「新しい時計を購入する資金の足しにしたい。」等の ご要望あるお客様は是非、カルティエ時計買取のかいとるをご利用ください。

カルティエ タンク・カリブル・パシャ・サントスなど人気シリーズの最新買取相場を追求!

経験とノウハウが凝縮されたトップクラスの査定力 かいとるでは これまでの実績や経験を活かして 査定スタッフの鑑定能力を養う社内テストや お客様に対して誠実で安定したサービスが ご提供できるような研修、教育体制が整備されています。 このため、ブランド時計の真贋や状態などを しっかりと鑑定することができ、 お客様のご納得の価格でお買取が可能となっております。

圧倒的な市場調査と多種多様な売却ルート 日々入念な調査、研究を行い、 常に最新の市場動向・買取相場の情報を保持しています。 しっかりと市場の状況を的確に見定めた上で、 国内・海外など業界最大級の流通ネットワークを活かした 売却ルートを使用するため、安定感と高水準を両立させた 買取価格を実現しています。

壊れたカルティエも査定無料でお買取可能 かいとるでは 壊れている時計でも1点から査定可能です。 査定はもちろん無料で行ないます。 目立つキズやガラスが割れてしまった時計、 電池切れや故障で動かない時計、 変色や文字盤にシミや裏盤に錆がある、 動作不良、ベルトがボロボロになっていたり、 ブレス、リューズなどの部品が無い時計など、 どんなものでも査定可能です。 売れるかどうか不安でしたら まずはお気軽にお問い合わせください。

カルティエ買取ランキング

タンク

ルノー製の戦車からヒントを得てデザインされ、カルティエの時計の中でも男女共に愛されている定番モデル。レディース、メンズ、ボーイズとサイズも豊富で、大切な人とペアで愛用されている方も多いのではないでしょうか。さまざまあるシリーズの中で、特に女性に人気があるのは、タンクフランセーズです。タンクの直線と曲線が織り成すデザインは、時計というよりもブレスレットに近い洗練されたデザインで、カルティエらしいファッション性の高さがうかがえます。いつの時代も幅広い層から支持されている時計です。

パシャ

「プールで泳いでいる時に着けられる時計が欲しい」という要望からデザインされた時計。タンクと同様、男女ともに愛用者が多く、特徴はラウンド型の大きな防水ケースやアラビア数字をあしらった文字盤と防水のために取り付けられたリューズのプロテクターが挙げられます。個性的なデザインは、カルティエ特有のエレガンスさを表現しています。パシャより小ぶりなパシャCは、パシャシリーズ初めてのステンレスモデルとして発売され、男女共に使用できるボーイズサイズとそのシンプルなデザインは多くの人々魅了し続けています。

サントス

世界初の腕時計であるサントスは、飛行家のサントス・デュモンの「操縦しながらでも確認出来る時計が欲しい」という要望から生まれました。ここから腕時計の歴史が始まり、今では当たり前のように身に着けられている腕時計ですが、当時としてはかなり画期的で斬新なアイデアとデザインでした。サントスは年齢を問わず幅広い世代に愛され続けており、カルティエの時計史の中で忘れることのできない存在です。さまざまなブランドから数多くの腕時計が発売される中でも世界中の人々に1世紀以上変わらず人気があります。

カルティエの買取実績

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井)
店頭買取

カルティエ パシャC
お買取致しました

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井)
店頭買取

カルティエ カリブル ドゥ カルティエ クロノグラフ W7100061
お買取致しました

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井)
店頭買取

カルティエ ロンドソロ
お買取致しました

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井)
店頭買取

カルティエ ミスパシ
お買取致しました

カルティエ買取可能モデル

タンク

バロンブルー

サントス

カリブ ドゥ カルティエ

パシャ

ロンド

ロードスター

ベニュワール

デリス ドゥ カルティエ

パンテール

クラッシュ

チェック!高く売る為のチェックポイント!

POINT1

購入したときの付属品は
全てお持ちください!

ご購入時の箱・保存袋・ギャランティカード・予備部品などがあると査定額アップ!

POINT2

使わないと思ったら
早めにお持ちください!

ブランド物も皮や金属製。お手入れせずに置いておくと少しずつ劣化していきます。

POINT3

まとめての
お持ち込みがお得です!

他にも使わない物・売りたい物があればまとめてお持ちください!大量持ち込みで査定額アップ!

POINT4

簡単にお手入れして
いただければなおOK‼

カバンの中のホコリや汚れを簡単に拭くだけでグッと綺麗に見えることも!

カルティエの歴史は1847年師である、アドルフ・ピカールから工房を受け継いだ事から始まりました。宝石商として成功を収めたカルティエは、1904年に「飛行機の父」と呼ばれるサントス・デュモンのために腕時計を作成しました。それが現在でも多くの方々に愛される「サントス」です。このサントスは、世界で初めての腕時計となりました。それが現在まで続く腕時計の歴史の始まりです。その後カルティエは数多くの腕時計をリリースしました。戦車をモチーフとした「タンク」や、水泳時にも身に着けられるように開発した防水機能付きの「パシャ」など、代表的な時計が多数あります。さまざまなモチーフで生み出される腕時計は、宝石デザインでも定評のあるカルティエならではのものです。繊細かつ大胆で、エレガントなデザインは、ジュエリーブランドならではのものです。洗練された気品は、今でも数多くの人々を魅了して止みません。今日もなおカルティエは、その高い品質と独自のスタイルによって、世界で最も著名なラグジュリーブランドとしての地位を守り続けています。かいとるはカルティエ時計買取を強化致しております。多く持ち込まれるモデルはタンク、パシャ、ロードスター、バロンブルー、サントス、カリブル ドゥ カルティ、エベニュワール、ラドーニャ、パンテール、トーチュ等になります。カルティエ時計買取では状態が良い物はもちろんですが、風防が割れているものやベルトが壊れているもの、動かないものなど状態に難がある商品でも積極的に買取しておりますので是非お気軽にお持ち下さい。

カルティエの歴史 カルティエの歴史が第一歩を記したのは、1847年のパリです。まだ20代のルイ=フランソワ・カルティエはこの年、師匠のアトリエを譲り受けました。その後3世紀をまたぐことになる、世界的メゾンのはじまりでした。ルイ=フランソワの才能が花開き、認められるのにはそう長くかかりませんでした。ナポレオン3世による第二帝政の治世下、カルティエのメゾンは、パリの社交界で注目を集めます。1859年には当時の華やかさを象徴する街、イタリアン大通りに進出します。皇族や宮廷の貴族ら、ついにはユージェニー皇后を顧客に迎えることとなったのです。時代のファッションリーダーでもあった皇后が愛好するカルティエは、その周囲の高貴な男たちをもまた魅了していきます。ルイ=フランソワから経営権を継承した30代の息子アルフレッド・カルティエは、さらにその息子ルイを共同経営者に迎えます。カルティエは1899年、ラ・ぺ通り13番地に移転しました。壮麗な店舗は今日に至るまで世界の流行のゼロ座標、スタイルの原点でした。20世紀に人り、アルフレッドは息子ルイ、ピエール、ジャックをそれぞれパリ本店、ニューヨーク支店、ロンドン支店の責任者としました。この頃、顧客にはエドワード7世の名前が書き加えられます。皇太子時代にカルティエを「王の宝石商、宝石商の王」と賞賛した英国王の御用達は、後に各国15王室の御用達店となる先駆けでした。この当時に、初めてのリストウォッチがカルティエの品揃えに加わります。原型は1904年、ルイの友人であったブラジル人飛行家アルベルト・サントス=デュモンの依頼によって製作された腕時計でした。飛行中に懐中時計を見る必要からパリの人気者を解放した品は1911年「サントス・デュモン」として製品化されました。角形腕時計の系譜は1917年、戦車にモチーフを採る腕時計「タンク」にも採用されました。「タンク」にも顕著な、幾何学的なフォルムが象徴する「アールデコ」は、当時のカルティエのスタイルそのものでした。伝説的な1925年のパリ・アールデコ博で、その主役の座は決定的となります。カルティエは20世紀を代表するデザイン潮流の先頭にありました。美とエレガンスはカルティエの代名詞となり、男も女も、誰もが憧れるメゾンは、もはや世界的な存在になっていました。ジャン・コクトーは一生に一度のアカデミー・フランセーズ入会に際して、礼装時に帯びる剣をデザインし、その製作をカルティエに依頼しました。詩人・小説家・画家等のどの肩書でも一流を極めた希代の才人ですら、自らの芸術の具体化を託す存在が、カルティエだったのです。誰も追い越せない老舗であることに寄りかからず挑戦し続ける姿勢が、カルティエを常に時代の先頭に立たせてきました。1968年、初のライターを製作します。そのデザイナーであるロベール・オックは72年、創業家を離れたカルティエ・パリの社長に就任します。前後してメゾンを象徴する赤のカラーの革製品、万年筆、アイウェアの新コレクション、男性用アクセサリーなど、世界中の男たちを魅了する新たなチャレンジが、20世紀後半以降のカルティエ史を彩っていきます。男のカルティエを象徴するようなタフな防水腕時計「パシャ」が誕生したのは20世紀中頃です。当時はガラスをカバーするガードが付き、リューズにには防水性を確保するためのキャップを装備しており、85年に現在のスタイルが誕生しました。カルティエの腕時計界でのプレゼンスは高まる一方でした。91年、ジュネーブで初めてのSIHHを開催。以来現在に至るまで、カルティエはこの世界最高峰の高級時計展で最大の展示スペースを誇るサロンの盟主です。20世紀末には機械式腕時計の連作「コレクション プリヴェ カルティエ パリ」が始まり、複雑時計を含む最高級メンズウォッチの金字塔的な品々がリリースされました。腕時計にかける情熱は「サントス」の100周年、新定番「バロン ブルー ドゥ カルティエ」発表と、盛り上がりを加速します。そして2010年、カルティエは「カリブル ドゥ カルティエ」で自社製自動巻きムーブメント搭載の腕時計を定番に加ええました。世界的ジュエラーでありながらマニュファクチュールであり、時計好きの男ならば決して目を離すことのできないグランド・メゾンという稀有な存在が顕在化したのです。アートとの関わりが顕著になったのは80年代になります。設立された「カルティエ現代美術財団」はアーティストの支援から作品の収集、展覧会の開催など「美の守護者」としての活動を開始しました。一方で、「カルティエという芸術」への注目が一気に巡り始めたのも同時期になります。89年には、一大回顧展「アート オブ カルティエ」展を開催します。会場が元パリ万博会場のプティ・パレ美術館というのも、メゾンの格とスケールにふさわしい演出でした。この展覧会は後に我が国を代表するアールデコ建築、東京都庭園美術館に巡回しました。カルティエ創業150年の回顧展「カルティエ1900‐1939」は大英博物館にはじまり、メトロポリタン美術館に巡回しています。日本ではその後、京都・醍醐寺、東京国立博物館表慶館を舞台にカルティエ展が開かれています。ふり返るべきカルティエの歴史は人類の貴重な財産を含み、本日もまだ継続しているのです。

カルティエの歴史年表

1847年… ルイ=フランソワ・カルティエが、師匠のアドルフ・ピカールから、パリ、 モントルグイユ街31番地のアトリエを譲り受ける。
1853年… ヌーブ・デ・プティ・シャン通り5番地に自らのメゾンを開く。
1859年… イタリアン大通り9番地に進出。ユージェニー皇后を顧客に迎える。
1872年… ルイ=フランソワ、息子アルフレッドを共同経営者とする。
1874年… アルフレッド、店の経営権を任される。
1888年… 最初のブレスレットタイプのジュエリーウォッチを製作。
1898年… アルフレッド、長男のルイを事業のパートナーとし、「アルフレッド カルティエ&フィス」と号する。
1899年… ラ・ぺ通り13番地に移転。
1902年… カルティエ ロンドンがニューバーリントン通り4番地にオープン。
1904年… イギリス国王エドワード7世の御用達店となる。スペイン王アルフォンス13世の御用達店に。ルイ=フランソワ・カルティエ死去。ルイ・カルティエは、友人であるブラジル人飛行家アルベルト・サントス=デュモンの依頼によりレザーストラップ腕時計を製作。
1906年… ジャック・カルティエ、口ンドン店の経営者となる。ルイとピ工ール・カルティエは共同経営者として「カルティエ フレール」を号する。抽象的、幾何学デザインの「アールデコ」ジュエリーの試作。ブレスレットウォッチ「トノー」の製作。
1909年… ロンドン店をニューボンド通り175-176に移転。ピエール・カルティエ、ニューヨーク5番街712番地に支店オープン。ブレスレットウォッチ用デプロワイヤント バックルの特許取得。
1910年… 「C,」の組み合わせのロゴ誕生。
1911年… 1904年のモデルを原型にした腕時計「サントス デュモン」を発表。
1912年… 最初のバゲットカットのダイヤモンドの創作。「コメット」クロックの発売。初のミステリークロック「モデルA」を発表。
1914年… パンテール(豹)モチーフを初めて採用。
1917年… ピエール・カルティ工が55個と73個の2連真珠のネソクレスをモートン F.プラント邸と交換したことにより、カルティエ ニューヨーク店は5番街653番地に移転。初めて腕時計「タンク」の図案を描く。
1919年… 腕時計「タンク」を発表。
1923年… ポルティコ型ミステリークロック「ビリケン」誕生。
1924年… スリーカラーのリングが誕生。翌年、「トリニティ ドゥ カルティエ」と命名。
1925年… アルフレッド・カルティエ死去。パリの「現代装飾美術・産業美術国際博覧会」に参加(クチュリエとともに、エレガンス宮にて)。
1931年… グラモン公爵のために、初めてのアカデミー・フランセーズ会員の剣を製作。「ミステリーの懐中時計」を発表。
1933年… ジャンヌ・トゥーサンにカルティエ・ハイジュエリー部門の全権を委任。見えないセッティング(通称ミステリーセッティング)の特許権取得。
1938年… 世界最小のカルティエ銘入りブレスレットウォッチをエリザベス女王に贈呈。
1942年… パリ占領を表現したジュエリー「寵の中の鳥」を創作。2年後、解放を祝うブローチ「解き放れた鳥」も創作。
1955年… ジャン・コクトーのために、彼自身のデザインによる、アカデミー会員の剣を製作。
1968年… カルティエ初のオーバル型高級ライター(収納式ローラー)の誕生。
1973年… ロベール・オックがアラン=ドミニク・ペランの協力を得て「レ マスト ドゥ カルティエ」コンセプトを考案。
1974年… ボルドーカラーの皮革製品、コレクションを発表。
1976年… 「レ マスト ドゥ カルティエ」ラインのヴェルメイユ腕時計のコレクション発表。オーバルペン(楕円型万年筆)を発表。
1978年… スティール&ゴールドの腕時計「サントス」を発表。
1981年… 「マスト」と「サントス」の香水を発表。
1983年… 腕時計「パンテール ドゥ カルティエ」を発表。アイウエア「マスト」「ヴァンドーム」を発表。
1984年… パリに「カルティエ現代美術財団」を設立。
1985年… 1943年の防水腕時計にヒントをえた腕時計「パシャ」を発表。
1986年… 腕時計「マスト21 ヴァンテアン」(オールスティール)を発表。万年筆 「パシャ ドゥ カルティエ」を発表。
1988年… 紳士用アクセサリーの「パーソナル ライン」を発表。
1989年… 腕時計「タンク アメリカン」を発表。パリのプティ パレ美術館で初の本格的回顧展「アート オブ カルティエ」展開催。
1991年… 国際高級時計委員会(CIHH)創設。第1回国際高級時計展(SIHH) 開催。腕時計「ディアボロ」を発表。万年筆「パンテール ドゥ カルティエ」を発表。東京にカルティエ銀座本店オープン。
1992年… 腕時計「ベニュワール」「カスクドール」「ベルエポック」を発表。続いて腕時計「ミニ パンテール ドゥ カルティエ」を発表。
1995年… 腕時計「パシャ」と「パシャC」を発表。万年筆「ルイ カルティエ」を発表。「アートオブ カルティエ」展を日本(東京都庭園美術館)で開催。
1996年… 腕時計のニューコレクション「タンク フランセーズ」を発表。
1997年… 創業150周年。回顧展「カルティエ1900-1939」がロンドンの大英博物館、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催。
1998年… 機械式腕時計コレクション「コレクション プリヴェ カルティエ パリ」がスタート。
1999年… メキシコ・シティのベジャス・アルテス宮殿美術館で「アート オブ カルティエ」展開催。
2001年… 腕時計「ロードスター ドゥ カルティエ」発表。 ラ・ショー・ド・フォン西部に新たな工房「カルティエ マニュファクチュール」を設立。
2002年… 『エットレ ソットサスの目がとらえた「カルティエ宝飾デザイン」』展がべルリンのヴィトラデザインミュージアム、ミラノ王宮博物館で開催。 次いで3月13日~5月2日に京都・醍醐寺、米・ヒューストン美術館へ巡回。
2004年… 腕時計「サントス」100周年。「サントス100]「サントス デュモン」「サントス ドゥモアゼル」を発表。
2007年… 腕時計「バロン ブルー ドゥ カルティエ」発表。カルティエ初のジュネーブ取得ムーブメント「9452 MC」完成。時計の研究開発、プロトタイプ製造、デザイン、設計を行う「THNK TANK」プロジェクトスタート。
2008年… 高級機械式時計のコレクション「オート オルロジュリー」を発表。ウォッチメーカーとしての地位を確立。
2009年… 日仏交流150周年を記念した特別展「Story of…カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶」展(吉岡徳仁監修)、3月28日から5月31日まで東京国立博物館表慶館で開催。
2010年… 自社製自動巻きムーブメント搭載の定番腕時計「カリブル ドゥ カルティエ」誕生、マニュファクチュール体制が盤石に。
2012年… 腕時計「タンク アングレーズ」発売。

今すぐ結果が分かる!簡単査定はこちら

完全無料かいとるなら選べる3つの買取方法

かいとるが高く買取できる理由

全店舗

全店舗
直営店

フランチャイズのようなロイヤリティーなどの無駄なコストが掛からない為、高価買取することが出来ます。

口コミ

口コミ
メインで運営

広告はほとんど行わず、本来広告にかける予算を買取予算に回す事で、高価買取を実現しています。高く買う、それが一番の広告だと思っております。

独自の

独自の
流通ルート

海外を含めた独自の流通ルートが多数あり、買取した商品を高く売ることが出来る為、高価買取する事が出来ます。

メンテナンスを

自社
メンテナンス

買取した商品のメンテナンスを自社で行うことで、業者依頼する費用をカットするため、高価買取が出来ます。

かいとるが選ばれる6つの理由

他社に負けない
高価買取

海外を含めた独自の販売ルートを多数持っており、さらにメンテナンス等も自社で行うことにより、大幅なコスト削減を実現しております。 そのため、他社に負けない高価買取が可能です。

即現金化が
可能

査定もスピーディーに行いますので、お買取成立後、その場で現金でお支払いいたします。

プロの鑑定士が
常時対応

豊富な知識と経験はもちろんのこと、すべてのスタッフが、リユース営業士、生前整理アドバイザーの資格を取得していますので、すべてのお客様に有資格者が対応致します。

全店舗駅近の
好立地

すべての店舗が駅徒歩1分以内と好立地にあるため、通勤や買い物帰りなど用事のついでにご利用いただけます。

豊富な
買取品目

チケット、外貨両替、ブランド品、金、プラチナ、ダイヤモンド、古着、工具、カメラ、電化製品、ゲーム機、スマートフォン、古銭、酒など、豊富なジャンルを買取しています。

スピード
査定

独自の査定システムに加え、スタッフの豊富な知識と経験からスピーディーに査定を行います。

お客様の声

かいとるをご利用いただいたお客様の声

北綾瀬駅前店口コミ

西新井駅前店口コミ

プライバシーの配慮はもちろん
お洒落で落ち着いた空間

お客様をお待ちしております。

店内写真
店内写真
店内写真
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image

PAGE TOP