本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

ロレックス売るなら

「かいとる」

高価買取実施中

ロレックス買取ならかいとるがおすすめ!ただいま買取価格強化中です!

ロレックス買取〈ROLEX〉ならかいとるにお任せください! デイトナ、デイトジャスト、デイデイト、サブマリーナー、エクスプローラーI、エクスプローラーII、 オイスターパーペチュアル、ミルガウス、GMTマスター、シードゥエラー、 ヨットマスター、スカイドゥエラーなど ロレックスは世界中の大人たちの憧れの的です。 かいとるは大好評のロレックス買取を更に強化中です。 幅広いメンズ・レディス・ボーイズまで幅広いモデルをカバーし、 買取業界最大級のメリットを活かした高価買取で お客様にご満足いただいています。

デイトジャスト・エクスプローラー ・サブマリーナ・デイトナなど 人気シリーズの最新買取相場を追求!

経験とノウハウが凝縮されたトップクラスの査定力 かいとるでは これまでの実績や経験を活かして 査定スタッフの鑑定能力を養う社内テストや お客様に対して誠実で安定したサービスが ご提供できるような研修、教育体制が整備されています。 このため、ブランド時計の真贋や状態などを しっかりと鑑定することができ、 お客様のご納得の価格でお買取が可能となっております。

圧倒的な市場調査と多種多様な売却ルート 日々入念な調査、研究を行い、 常に最新の市場動向・買取相場の情報を保持しています。 しっかりと市場の状況を的確に見定めた上で、 国内・海外など業界最大級の流通ネットワークを活かした 売却ルートを使用するため、安定感と高水準を両立させた 買取価格を実現しています。

壊れたロレックスも査定無料でお買取可能 かいとるでは 壊れている時計でも1点から査定可能です。 査定はもちろん無料で行ないます。 目立つキズやガラスが割れてしまった時計、 電池切れや故障で動かない時計、 変色や文字盤にシミや裏盤に錆がある、 動作不良、ベルトがボロボロになっていたり、 ブレス、リューズなどの部品が無い時計など、 どんなものでも査定可能です。 売れるかどうか不安でしたら まずはお気軽にお問い合わせください。

ランキングロレックス買取ランキング

デイトジャスト ランキング1位

デイトジャスト

ロレックスの王道モデル、デイトジャスト。初めてロレックスを買うならこれを選ぶという方も多くいらっしゃいます。購入後10数年経ち、ワンランク上のデイデイト等への買い替え需要も高くあります。デイトジャストは買取強化中のシリーズです。

サブマリーナ デイト ランキング2位

サブマリーナ デイト

人気の定番スポーツモデル、サブマリーナ・デイト。その堅牢さと機能美から若者を中心に圧倒的な人気を誇るモデルです。50代に差し掛かり、ドレスウォッチに買い換えるお客様がお持ちいただくことが多い時計です。サブマリーナの時計も買取強化中です。

エクスプローラーII ランキング3位

エクスプローラーII

ロレックスが冒険家のために開発されたエクスプローラー Iに24時間時計と日付表示を追加して誕生したのがこのエクスプローラーIIです。スマートなデザインに変更されたことからビジネスツールとして人気です。ロレックス買取強化中の今がチャンスです!

ロレックスの買取実績

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 326934
スカイドゥエラー
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 118238A
デイデイト
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 116710LN
GMTマスターII
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 116500LN
デイトナ
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 69173
デイトジャスト
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 116710BLNR
GMTマスターII
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 16233
デイトジャスト
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 116710LN
GMTマスターII
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 1675
GMTマスター
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 279381RBR
デイトジャスト
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 216570
エクスプローラーII
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス サブマリーナ 16610
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス デイデイト
18239A
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 178271G
デイトジャスト
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 116500LN
コスモグラフデイトナ
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス 116660
シードゥエラーディープシーDブルー
お買取り致しました。

高価買取はかいとる(北綾瀬・竹ノ塚・西新井) 買取商品
店頭買取

ロレックス デイトジャスト
16233
お買取り致しました。

ロレックス買取可能モデル

GMTマスターⅡ

GMTマスターⅡ

エクスプローラーⅠ

エクスプローラーⅠ

エクスプローラーⅡ

エクスプローラーⅡ

オイスター・パーペチュアル・デイト

オイスター・パーペチュアル・デイト

サブマリーナ

サブマリーナ

シードゥエラー

シードゥエラー

スカイドゥエラー

スカイドゥエラー

デイトジャストⅡ

デイトジャストⅡ

サンダーバード

サンダーバード

デイトジャスト

デイトジャスト

デイトジャスト/ターノグラフ

デイトジャスト/ターノグラフ

デイトナ

デイトナ

ミルガウス

ミルガウス

ヨットマスター

ヨットマスター

ヨットマスターⅡ

ヨットマスターⅡ

エアキング

エアキング

デイデイト

デイデイト

デイデイトⅡ

デイデイトⅡ

アンティークロレックス

アンティークロレックス

チェリーニ

チェリーニ

ロレックスの製造年を調べる

(シリアルナンバーから判定する方法)

腕時計ロレックスの基礎知識

自分の所有しているロレックス
製造年が知りたい、
これから購入を検討している
製造終了した古いロレックス
いったいいつ頃に製造された製品のか・・・。

ギャランティー(メーカー保証書)に
日付があれば
販売年月から
おおよその製造年は想像できますが
付属品のない時計本体だけだと
製造年を調べるのも一苦労です。

このような疑問にお答えするために
ロレックスのシリアルナンバー(固有番号)
の見方から少し勉強してみましょう。

※2010年以前のロレックスであれば
シリアルナンバーでおおよその製造年を
調べることができます。

まずはシリアルナンバーの
刻印されている場所はどこにあるのか。

2010年G番以前のロレックス
ブレスレットを外すとケースのラグの間
12時位置にリファレンスナンバー(型番)
・6時位置にシリアルナンバー(固有番号)の
2つの数字が刻印されています。

こちらが2010年以前、
1991年頃N番の14270です。

シリアルナンバー
※12時位置にリファレンスナンバー(型番)
シリアルナンバー赤枠
※6時位置にシリアルナンバー(固有番号)

この2つのうち
シリアルナンバーを見れば
おおよその製造年を知る事ができます。
またリファレンスナンバー(型番)を見れば
モデルの系統がわかるようになっています。

こちらは2010年以後の114060です。

リファレンスナンバー
※12時側にリファレンスナンバー
シリアルナンバーなし
※6時側にシリアルナンバーはありません
文字盤シリアルナンバー
※6時側の文字盤内にシリアルナンバー

リファレンスナンバーは現在でもケースの
12時位置に刻印が継続されていますが、
シリアルナンバーは文字盤の見返り部分に
刻印されるようになりました。
これによってブレスレットを外さなくても
シリアルナンバーを
確認できるようになりました。

この表示はしばらく
6時位置と併用で刻印がされていましたが
シリアルナンバーのアルファベットが
ランダム構成となったころから
6時位置のシリアルナンバーは
省略されるようになったようです。
また2010年以降のアルファベットの
ランダム構成になってから
シリアルナンバーでの
製造年が推定できなくなりました。

シリアルナンバーと製造年一覧表

※この一覧はロレックス社が正式に公表しているものではありません。

数字のみシリアルナンバー
(頭文字にアルファベットが使われる前)

[1927年~1987年前半]

シリアル 製造年 備考
21691~ 1927年  
23969~ 1928年  
24747~ 1928年  
28290~ 1930年  
29312~ 1932年  
29933~ 1933年  
30823~ 1934年  
35365~ 1935年  
37596~ 1936年  
40920~ 1937年  
43739~ 1938年  
71224~ 1939年  
99775~ 1940年  
106047~ 1941年  6桁へ
143509~ 1942年  
230873~ 1943年  
269561~ 1944年  
302459~ 1945年  
387216~ 1946年  
529163~ 1947年  
628840~ 1948年  
710776~ 1951年  
840396~ 1952年  
929426~ 1953年  
937170~ 1954年  
941699~ 1953年  
952892~ 1954年  
955466~ 1953年  
282632~ 1955年  
シリアル 製造年 備考
139400~ 1956年  
321884~ 1957年  
360171~ 1958年  
693808~ 1960年  
763663~ 1962年  
985015~ 1964年  
1259699~ 1965年  7桁へ
1871000~ 1966年  
2163900~ 1967年  
2426800~ 1968年  
2689700~ 1969年  
2952600~ 1970年  
3215500~ 1971年  
3478400~ 1972年  
3741300~ 1973年  
4004200~ 1974年  
4267100~ 1975年  
4538000~ 1976年  
5008000~ 1977年  
5482000~ 1978年  
5958000~ 1979年  
6434000~ 1980年  
6910000~ 1981年  
7386000~ 1982年  
7862000~ 1983年  
8338000~ 1984年  
881400~ 1985年  
9290000~ 1986年  
9766000~ 1987年  
9999999~ 1987年  

頭文字にアルファベットが使われた
シリアルナンバー

1987年の後半からシリアルナンバーが頭にアルファベットと6桁の数字が使われるように。

[1987年後半~2010年]

シリアル 製造年 備考
R000001~ 1987年~1988年  
L000001~ 1989年~1990年  
E000001~ 1990年~1991年  
X000001~ 1991年  
N000001~ 1991年  
C000001~ 1992年  
S000001~ 1993年  
W000001~ 1994年~1995年  
T000001~ 1996年  
U000001~ 1997年  
A000001~ 1998年~1999年  
P000001~ 2000年  
K000001~ 2001年 ガラスの6時位置に王冠透かしが入り始める
Y000001~ 2002年  
F000001~ 2003年~2004年  
D000001~ 2005年  
Z000001~ 2006年  
M000001~ 2007年~2008年  
V000001~ 2009年  
G000001~ 2010年  

2010年G番以降はランダムシリアルに

数字ではじめられたシリアルナンバー管理が限界になり
頭文字のアルファベットを含めたシリアルに移行しました。
移行当初はロレックスのつづり「ROLEX」からそれぞれ文字を取り
R番からスタートしたと言われています。
ただし「O」(オー)は数字の「ゼロ」と混同しやすいので採用されなかったそうです。

もちろん頭に「X」が来た時点でもシリアル管理は続いていきましたので
その後はロレックスとは脈絡のないアルファベットでしのいでいたようです。

その頭文字のアルファベットも限界を迎え、
2010年のG番を最後に頭文字のアルファベットのシリアルナンバーが終了。
現在の数字の間などに入るようになった8桁のランダムシリアルに移行しました。

チェック!高く売る為のチェックポイント!

POINT1

購入したときの付属品は
全てお持ちください!

ご購入時の箱・保存袋・ギャランティカード・予備部品などがあると査定額アップ!

POINT2

使わないと思ったら
早めにお持ちください!

ブランド物も皮や金属製。お手入れせずに置いておくと少しずつ劣化していきます。

POINT3

まとめての
お持ち込みがお得です!

他にも使わない物・売りたい物があればまとめてお持ちください!大量持ち込みで査定額アップ!

POINT4

簡単にお手入れして
いただければなおOK‼

カバンの中のホコリや汚れを簡単に拭くだけでグッと綺麗に見えることも!

自らのアイデンティティを示す武器となる高級ブランド腕時計。その中でも別格の知名度とステイタス、そして人気を誇るのがスイスの実用腕時計ブランド「ロレックス(ROLEX)」です。それまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化、自動巻き機構「パーペチュアル機構」や日付が午前零時頃に一瞬で切り替わる「デイトジャスト機構」を発明。腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けるなど、今では当たり前とも言える実用的機能を次々を開発したことこそロレックス最大の功績と言えます。イメージとして「高級時計」「富の象徴」といった言葉が先走りますが、実は他のどんな高級時計よりも実用性に特化した質実剛健な商品を生み出すエポックメイキングなブランドです。歴史と伝統の重みを感じさせる風格と精密なムーブメントに魅了されたコレクターも多く、名だたる名士やセレブを唸らせてきました。2015年にロレックスは新しいムーブメント「キャリバー3235」を発表しました。14件にも及ぶ特許=新技術を開発し、制度、信頼性、耐衝撃性、耐磁性に優れた革新的なムーブメントですが、最も分かりやすい進化はパワーリザーブが延長されて、約70時間になったことです。ゼンマイが巻かれた状態なら、金曜夜に腕から外しても出勤する月曜の朝まで時計は動き続けます。その為にエネルギー伝達効率を飛躍的に高めた脱進機が考案され、耐用年数の長い高性能な潤滑油も開発しているのです。潤滑油まで自社で製造している時計ブランドはほかにないと言います。さらに香箱の壁も薄くして動力ゼンマイの収納容量拡大するなど、徹底的な改良が加えられています。この「キャリバー3235」は、「パールマスター39」を始め、2016年は「デイトジャスト41」に搭載されています。しかしながら時計の外観に極端な変化は無く、基本的なスタイルが堅持されているのです。つまり、変えるべきことは積極的に変え、変えてはいけないことは頑固に変えないというのが、ロレックスの伝統的な流儀と考えられます。今買い替え需要で多くのお問い合わせをいただいており、かいとるはロレックス買取を強化致しております。当店に多く持ち込まれるモデルはデイトナ、デイトジャスト、デイデイト、サブマリーナー、エクスプローラーI、エクスプローラーII、オイスターパーペチュアル、ミルガウス、GMTマスター、シードゥエラー、ヨットマスター、スカイドゥエラー等になります。

ロレックスの歴史 ロレックスの歴史はロンドンに始まります。スイスには現在600社以上あると言われている時計メーカー。その中には100年以上も前に設立されたメーカーも多く存在します。しかし、それが一度も途切れることなく現在まで続いているメーカーは一握りにすぎません。その1つがロレックスになります。1881年、ロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルフがドイツのバイエルンの地で生を受けます。12歳のときに両親を亡くしていた彼は、学校を卒業するとすぐにスイスのラ・ショー・ド・フォンにあるクリオ・コンテン社に就職し、イギリスへ時計を輸出する仕事に就きます。若くしてビジネスマンとして才能を磨き、経験を積んでいきます。その後、1903年に22歳でロンドンに移住し、2年後の1905年にロレックスの前身であるウィルスドルフ&デイビス社を設立します。それから5年後、「創造的で世界中で誰もが発言し易い言葉」を模索し、現在では誰もが知るロレックスというブランドが命名されました。そして精密機器の製造に長けたスイスのエグラー社とムーヴメントの供給契約を結び、1910年にスイス公式精度検定で最高レベルの評価を獲得します。1914年にはキュー天文台で最高賞を獲得しました。次にハンス・ウィルスドルフが目指したのが、ムーヴメントを湿気や埃から守るための堅牢なケース開発でした。1926年、オイスター社の協力で金属の塊をくり抜いたケースにネジ込み式のリューズを組み合わせたケースを開発し、特許を取得します。今日まで継承されるロレックスの代名詞的機構、オイスターケースが誕生しました。このオイスターケースの実力は、ある伝説的な出来事によって一躍世界中に知れ渡ることになります。それが、1927年、ロンドンの速記記者メルセデス・グライツ嬢によるドーバー海峡横断です。15時間15分泳いでこの偉業を成し遂げた彼女はその手首にロレックスのオイスターを着けていました。この過酷な状況下でもしっかり動いていたロレックスは、オイスターケースの防水性の高さが証明されることになり以降これをキッカケとしてメーカー各社による防水時計の開発が加速しました。オイスターケースの成功により、ロレックスは時計メーカーとしての技術を世界に知らしめましたが、次に目指したのは自動巻き機構でした。いわゆるパーペチュアルの開発です。1931年に腕時計としては世界で初めて360度全回転式の自動巻き機構を達成したこの機構は、それまでに自動巻きの問題点として挙げられていた巻き上げ効率の悪さを見事に克服しました。その巻き上げ効率を格段に飛躍させ、ロレックスの実力性を更に高めることになりました。ロレックスの誇るオイスターケースにこのパーペチュアル機構を持つムーヴメントを搭載することによって生まれたのが今日、アンティーク市場でバブルバックの愛称で親しまれているオイスターパーペチュアルです。ゼンマイを巻き上げるためのローターがムーヴメントを覆うように設置されている為に従来よりその分だけ厚みが出てしまいます。これを収めようと裏ブタがまるで泡のように膨らんだ形状になってしまったことからこう呼ばれるようになりました。そして、このオイスターパーペチュアルに、もう1つ革新的な発明が搭載されたモデルが1945年に誕生します。デイトジャストです。名前の通り午前0時になるとカレンダー日付表示が瞬時に変わるというもので、当時としてはかなり画期的な機構でした。1926年のオイスターケース、1931年のパーペチュアル機構、そして1945年のデイトジャスト機構とこのロレックスの3大発明によってロレックスの掲げる実用時計が1つの完成形を迎えました。 1950年代から1960年代にかけては、まさに機械式時計の黄金期で、第二次世界大戦も終わり世の中のグローバル化など、人々の生活自体も大きく変わろうとしていました。その時代にあって、時計に対する要求もより高度なものになっていきます。高い実用性を売りとするロレックスは、そんなニーズに即した数々の名作を生み出しています。1953年、冒険者をコンセプトとしたエクスプローラーを発表します。同年には、今日のダイバーズウォッチの基本形にもなった100メートル防水のサブマリーナ、更にはその翌年の1954年、パンアメリカン航空の依頼により、旅客機のジェット化時代を見据えた航空時計、GMTマスターを誕生させます。また同じ頃にはレントゲン技師やX線技師向けに1000ガウスもの耐磁性能を有したミルガウスを世に出しています。1950年代はまさにロレックスの土台を築く名作が生まれた時代といえます。これまでのスポーツラインの拡充路線で唯一苦戦を強いられていたクロノグラフも、1963年に登場したデイトナの成功によって達成。これで陸・海・空を制したロレックスは、1960年以降、これらのモデルをブラッシュアップしていくことで実用時計の王者としての地位を更に確固たるものにしていきました。1970年代に入り、クォーツショックの嵐が吹き荒れ、スイス時計産業自体が衰退に追いやられる中、ロレックスは、デイトジャストのクォーツモデルを発表するものの、大きく方向転換を打ち出すことはありませんでした。終止既存モデルの強化策を続けながら、実用性と性能を向上させる独自のスタイルを貫き、そのブランド価値を高めていきました。1980年代以降、今日に至るまで新たに登場したモデルは全て1940年代から1960年代にかけて開発されたモデルの派生にすぎません。実用時計に拘った企業理念は今も変わることなくしっかりと受け継がれています。

ロレックスの歴史年表

1881年… ハンス・ウィルスドルフが誕生。
1905年… ハンス・ウィルスドルフがロンドンにおいて時計商社ウィルスドルフ&デイビス社を設立。
1907年… ウィルスドルフ&デイビス社がスイスのラ・ショー・ド・フォンに事務所を開設。
1910年… ロレックスのキャリバー11がスイス・ビエンヌの歩度検定でクラスAを取得。腕時計としては世界初のクロノメーター認定を獲得。
1914年… 世界的に知られるイギリスのキュー天文台で、腕時計としては初となる最高位のA級証明書を取得、第一次世界大戦が勃発
1915年… 社名をMontre Rolex SA(ロレックス・ウオッチ社)に変更。
1919年… スイスのジュネーブへ本社を移転
1926年… ロレックスがネジ込み式の裏蓋とリューズを採用したオイスターケースを開発、特許を取得。
1927年… ロンドンの速記記者メルセデス・グライツ嬢がロレックス・オイスターを着用したままでドーバー海峡を泳いで横断。
1929年… 医師が脈拍を測定しやすいように独立して駆動する秒針を持つドクターウオッチ、プリンスが発売される。
1931年… ロレックスが360度全回転式ローターを採用した世界初のパーペチュアル機構を開発
1933年… バブルバック登場。またパーペチュアル機構で特許を取得する。
1935年… 米国のユタ州ソルトレイク・フラッツにて、マルコム・キャンベル卿がオイスターを着用したままで、時速484.6キロの自動車世界最速記録を樹立。同年にデイトナビーチにて531キロで記録を更新する
1939年… 第二次世界大戦が勃発する。
1945年… ロレックスが誇る革新機能、デイトジャストを発表。世界で初めて、日付が瞬時に変わる日付表示の小窓を文字盤に装備。
1947年… オイスターパペチュアルを装備した状態で、テストパイロットのチャック・イェーガーが音速を超える飛行を達成。
1953年… ロレックスから冒険者の時計を自称するエクスプローラーが登場。同年、イギリス登山隊がエベレスト登頂に成功、エドモンド・ヒラリー卿とシェルパのテンジン・ノルゲイの腕にオイスターパーペチュアルが着けられていた。100メートルという画期的な防水性能をもつダイバーズウオッチ、サブマリーナも発表される。
1953年… ロレックスが強い磁気にさらされる医師や研究者に向けて、耐磁腕時計ミルガウスを開発。
1954年… ロレックスから2カ国の時刻を表示することができるナビゲーションウオッチ、GMTマスターが発表される。後にパン・アメリカン航空の公式時計に採用される。
1956年… フルスペルの曜日表示を装備し、全てが金無垢モデルというプレステージライン、デイデイトが登場する。
1960年… 深海潜水艇トリエステ号が深さ1万908メートルの潜水に成功。船外にはロレックス製の特殊時計(オイスターディープシー)が装備されていた。同年ハンス・ウィルスドルフが死去。
1963年… 日本市場向けにスペース・ドゥエラーが少数のみ生産される。1010のレファレンスが与えられる。
1963年… ロレックスからコスモグラフ・デイトナが登場
1970年… ロレックスのエクスプローラーがドイツのグリーンランド遠征とニュージーランド南極探検に制式に採用される。
1971年… ロレックスからエクスプローラーⅡが登場。同年、フランスの潜水専門会社コメックスの協力を得て開発した、シードゥエラーを発表。
1973年… トム・ジェパードがロレックスのGMTマスターを装着し、サハラ砂漠の横断に成功。
1973年… 毎秒5.5振動から毎秒8振動(毎時2万8800振動)にハイビート化されCal.3035が登場。先ずシードゥエラーに搭載される。
1975年… コメックス社のダイバーがロレックスのシードゥエラーを装着し、カナダのロブラドゥール海岸沖で水深1070フィートの飽和潜水記録を樹立。
1978年… ロレックス初のクォーツ式モデル、オイスタークォーツを発売。
1980年… ロレックスのシードゥエラーが防水性能を1220メートルに向上。
1983年… ロレックスからGMTマスターⅡが登場。同年スイスでスイスウオッチが発売が開始される。またムーヴメントのエボーシュとして知られるETA社が設立される。
1988年… ロレックスのデイトナに、エル・プリメロをベースにした自動巻きムーヴメント搭載モデルが登場。イタリアからデイトナブームが発生。
1992年… ロレックスからラグジュアリースポーツモデルの先駆けとなるヨットマスターが登場。
2000年… ロレックスから、ツインブリッジで強化された初の自社製クロノグラフムーヴメントCal.4130を搭載した新型デイトナが登場。
2003年… サブマリーナの誕生50周年を記念してグリーンベゼルのRef.16610LVが登場。
2004年… ハンス・ウィルスドルフが創業したロレックスSA(通称ロレックス・ジュネーブ)は、ムーヴメント製造の拠点であったロレックス・ビエンヌを統合する。ロレックスのスポーツモデルの原点とも言われる幻のモデル、ターノグラフがデイトジャストのラインから登場。
2005年… チェリーニのラインから往年の名作、プリンスが復活。GMTマスターⅡも金無垢ケース、セラミックベゼルを 装備したリニューアルを果たす。
2006年… 昨年に続き、GMTマスターⅡからコンビのリニューアルモデルが登場。
2007年… ヨットマスターからもカウントダウン機能とクロノグラフを搭載した新作モデルが登場。同時に、金無垢、コンビとリニューアルしてきたGMTマスターⅡにいよいよステンレススチールモデルが登場。
2007年… 1000ガウスもの高い耐磁性能を有した伝説のモデル、ミルガウスが復活。記念モデルとしてラインナップしたグリーンサファイアガラスモデルは一時実勢価格が180万円まで高騰。
2008年… シードゥエラー・ディープシーの名前でシードウェラーが全面リニューアル。新開発のケース構造、リングロックシステムにより既存モデルの3倍以上という3900メートル防水を実現した。同時にマイナーチェンジが図られ、サブマリーナデイトも金無垢モデルが登場。
2009年… 既存モデルの上位機種として、5ミリサイズアップし41ミリのデイトジャストⅡを発表。
2010年… エクスプローラーⅠがリニューアル。サイズも36ミリから39ミリに変更。耐久性、耐衝撃性を高めた新ムーヴメントCal.3132が搭載される。
2011年… スイス・ビエンヌに新工場を設立。すべてここに集約され一貫工程が実現。
2011年… エクスプローラーⅡが20年ぶりにリニューアルされる。新ムーヴ搭載でサイズも42ミリにアップ。
2012年… 年次カレンダー機構を搭載した新コレクション、スカイドゥエラーを発表。サブマリーナノンデイトもリニューアルされる。
2013年… ロレックスはFormula 1とパートナーシップを結び、モータースポーツの公式タイムキーパー及び公式時計となる。
2015年… ロレックスは新しいムーブメント「キャリバー3235」を発表。

今すぐ結果が分かる!簡単査定はこちら

完全無料かいとるなら選べる3つの買取方法

かいとるが高く買取できる理由

全店舗

全店舗
直営店

フランチャイズのようなロイヤリティーなどの無駄なコストが掛からない為、高価買取することが出来ます。

口コミ

口コミ
メインで運営

広告はほとんど行わず、本来広告にかける予算を買取予算に回す事で、高価買取を実現しています。高く買う、それが一番の広告だと思っております。

独自の

独自の
流通ルート

海外を含めた独自の流通ルートが多数あり、買取した商品を高く売ることが出来る為、高価買取する事が出来ます。

メンテナンスを

自社
メンテナンス

買取した商品のメンテナンスを自社で行うことで、業者依頼する費用をカットするため、高価買取が出来ます。

かいとるが選ばれる6つの理由

他社に負けない
高価買取

海外を含めた独自の販売ルートを多数持っており、さらにメンテナンス等も自社で行うことにより、大幅なコスト削減を実現しております。 そのため、他社に負けない高価買取が可能です。

即現金化が
可能

査定もスピーディーに行いますので、お買取成立後、その場で現金でお支払いいたします。

プロの鑑定士が
常時対応

豊富な知識と経験はもちろんのこと、すべてのスタッフが、リユース営業士、生前整理アドバイザーの資格を取得していますので、すべてのお客様に有資格者が対応致します。

全店舗駅近の
好立地

すべての店舗が駅徒歩1分以内と好立地にあるため、通勤や買い物帰りなど用事のついでにご利用いただけます。

豊富な
買取品目

チケット、外貨両替、ブランド品、金、プラチナ、ダイヤモンド、古着、工具、カメラ、電化製品、ゲーム機、スマートフォン、古銭、酒など、豊富なジャンルを買取しています。

スピード
査定

独自の査定システムに加え、スタッフの豊富な知識と経験からスピーディーに査定を行います。

お客様の声

かいとるをご利用いただいたお客様の声

北綾瀬駅前店口コミ

西新井駅前店口コミ

プライバシーの配慮はもちろん
お洒落で落ち着いた空間

お客様をお待ちしております。

店内写真
店内写真
店内写真
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image

PAGE TOP